屋根塗装

■ 劣化具合が目に見えづらいからこそ、要チェック!

屋根は外壁以上に直射日光や雨の影響を受けるため、塗膜の劣化が激しい場所。
ですが、普段の生活の中で見えづらい場所なので、その健康状態があまり把握されていません。どれだけ劣化しているか?ということを把握している方は少ないのではないでしょうか。

外壁同様に、建物内部に水分が浸入すると外壁内部の劣化が進行。
建物自体が腐食すると、コンクリートに含まれるセメント成分が、中性化して本来あるはずの強度を失ってしまいます。
雨漏りが進行して湿度が高くなると、シロアリ発生の原因にもなりかねません。

もし、雨漏りがする、屋根が割れている、屋根にコケやカビなどの汚れ、色のバラつきや色あせが目立つ、金属部分の腐食が多数見られる……などの症状が見られたら屋根塗装を検討しましょう。

外壁にこのような症状があれば屋根塗装のご検討を!

■ 従来の塗料よりも高い遮熱効果で夏も快適♪

レガリアハイブリッドRは従来の一般屋根塗料と比較して、屋根温度を最大で約20℃低減できるスグレモノ。高い遮熱効果で夏でも快適、電気代の節約効果も期待できます!

また、防水性に優れ、カビやコケなどの発生も抑えることができるため、いつまでもキレイで長持ちする屋根を実現します。

熱反射性に優れたレガリアハイブリッドRを販売している一水化成株式会社。当社はその正規店であり、技術力・信頼性を認められております。

レガリアハイブリッドRでの屋根塗装なら株式会社リボーン・ワークスにお任せください!

■ 屋根塗装のポイント

○万全の下地調整

私たち塗装業者が行なっているのは、ペンキを塗る作業だけではありません。
下地が傷んでいる状態で塗装をしても、すぐに塗料が剥がれてしまうので、ひび割れ部分を埋めたりサビを削ったりして、塗膜がしっかり密着するよう細かい調整を行なっています。

○その環境に適した塗料の選定

塗装工事を成功させるには、職人による塗料の見極めが重要。
住まい周辺の環境や既存の塗膜との相性、使用されている素材などさまざまな要素を考慮した上で、ベストな塗料を選定いたします。

○塗料に合わせた丁寧な施工

塗料はメーカーによって、薄め方や乾燥時間などが異なります。
ハイグレードな塗料を使っても、規定を守らなければ効果は半減してしまうため、一つひとつの塗料に合わせて丁寧な施工を行なうことが大切です。

一覧ページに戻る